瞑 想

瞑想をすることの意義

瞑想はエクササイズの柱であり、かつ最終手段でもあります。他の項目のエクササイズは、すべて瞑想を行うためにあると言っても過言ではありません。しかし瞑想だけを熱心にやっていますと、体調を崩したり、行き詰まりを感じたりすることが起きてきますので、総合的なバランスを保つ意味で、他のエクササイズと並行して進めることを推奨しています。
 
瞑想がなぜそれほど重要かと言いますと、瞑想こそが、宇宙意識との直接的なコンタクトを実現させる手段となるからです。したがって、宇宙意識とのコンタクトが直に出来さえすれば、誰もが同じ「宇宙の真理」に接することになり、それゆえ、地上での師弟関係や、教えや伝導といったことはみな不必要となってしまうのです。もちろん組織宗教もです。
 

瞑想の方法

瞑想と言いますと、大多数の方は坐禅の姿を思い浮かべられると思います。しかし、瞑想=坐禅ではありません。瞑想が何かということについては、複数の視点からこれを定義づけることができます。前の段で述べた、宇宙意識とつながるということも、目標という視点から述べた定義づけの一つです。
 
もう一つ、意識状態という面から述べますと、瞑想は、肉体は眠っているけれども意識は覚醒している「半眠半覚醒」状態(別名:変性意識)に自分を置くこと、と定義づけることも出来ます。仏像を見ますと目が半眼になっていますが、これは「半眼にせよ」ということではなく、「半眠半覚醒」状態を象徴的に表現したものなのです。
 
人間には五感というものが備わっていますが、これらは物質世界を知覚するためのセンサーとして機能しています。肉体が起きて活動している間は、このセンサーが必然的にフルに活動しようとしているために、もう一つのセンサー(いわゆる第六感)は蓋をされた状態にあるのです。
 
そこで、五感の知覚を極限にまで弱めることによって、相対的に第六感を浮かび上がらせるようにするのです。これが、瞑想に取り組む際の基本です。これは準備段階として、先ず身体を完全にリラックスさせた上で、言葉による適切な誘導を行いますと、初めての人でも比較的簡単に深い瞑想状態に導かれます。
 
『虹の学校』では足は組まずに、最もリラックスできるシャバアーサナ(屍のポーズ)を取ることを奨めています。その上で、呼吸法によって意識を整え、次いで言葉による誘導を行っています。初回から通常では得られない体験をする方もおられますが、3分の1くらいは変性意識に入れないという方もおられます。
 

瞑想体験で得られるもの

瞑想時の状態は、浅いものから深いものまでグラデーションになっていて、その日によって違いますし、これこれこういう体験ができるということは保証できません。しかし、うまく
瞑想状態に入れた時には、第六感が働き出して、通常では知覚できないものを知覚できるようになります。
 
これには、自分の前世や未来の出来事、インスピレーション、真理に関する情報など様々なものがあります。また、瞑想中には宇宙エネルギーが活発に流れ込むようになりますので、身体がこの影響を受けて、感覚的な変化が身体上に起こってきます。この時、一時的に体調が悪くなることがあるので、それを緩和するためにフィジカル・トレーニングを並行して行っています。