おすすめムービー

霊性、および宇宙の真理という観点から、参考になる映画をピックアップしました。これらに興味のない方にとっては、まったく退屈かもしれません。

この純粋さ、この気高さ、この力強さ。アッシジの聖フランチェスコの物語

ブラザー・サン シスター・ムーン

監督:フランコ・ゼフィレッリ

アメリカ西海岸の都市サンフランシスコ(San Francisco)。この都市名は、Saint Francesco(聖フランチェスコ)を英語読みにしたものです。
『ブラザー・サン シスター・ムーン』は、中世イタリアの聖人、アッシジのフランチェスコが真理に目覚めていく過程を、クレアとの恋、仲間との友情、父親との葛藤、権力との対峙などを複合的にからませながら、詩情豊かに描いた作品です。監督はオリビア・ハッセーのあの『ロミオとジュリエット』を撮ったフランコ・ゼフィレッリ。
この作品は、ストーリーだけを追って見たとしても、心を打つ素晴らしい映画に仕上がっています。しかしそれだけではありません。こうした詩的なシンプルな映画には、ふつう象徴的な意味合いがたっぷり入っているものです。それらの記号を見つけると、この映画の価値がさらに深く理解できます。
この映画における重要な記号は次の3つ。
(1)ヒバリ
(2)服(特にコート)およびその色
(3)冠
(1)のヒバリは自由、(2)の服は富、(3)の冠は権力をそれぞれ象徴しています。この記号を読み解きながら見ると、この映画が、単なる伝記映画ではないことが解ります。
アッシジのフランチェスコは、今日こそキリスト教会の中の聖人と言われていますが、正統派から見れば全くの異端でした。フランチェスコは、教会が示す権威や富が、真のキリスト意識とはかけ離れていることに気づいていました。
彼はそれらに反抗し、真のキリスト意識のもとに生きようとしたのです。その純粋さ、気高さ、力強さ。この映画は、それを、先に挙げた記号を巧みに使って見事に表現しています。
偽物が正統とされ、本物が異端とされる状況は、今も何も変わりありません。
「王冠を小鳥の巣にしなさい」「王位と指輪を川に捨てれば、新しい色の輝きに気づく」これらの言葉も、現代にそのまま投げかけられています。

「心医」の道を貫き通した、16世紀実在の医官ホジュン。その圧倒的献身

ホジュン 〜宮廷医官への道〜

監督:イ・ビョンフン

『ホジュン(許浚)』は、『宮廷女官チャングムの誓い』を始めとして『イ・サン』『トンイ』『馬医』と、次々に大ヒットドラマを連発する韓国テレビドラマ界の巨匠イ・ビョンフン監督が1999年に手掛けた連続テレビドラマ作品です。(全64話)
放映時、韓国では視聴率が60パーセントを超えたと言い、イ・ビョンフン監督はこの作品で、今日に続くヒットメーカーとなったのです。
ドラマは、身分制度が根強く支配した16世紀の李氏朝鮮時代に、妾の子として生まれたホ・ジュンが、医術の道を志し、艱難辛苦を乗り越えて宮廷医となるまでの波瀾万丈を描いています。
韓国宮廷ドラマは、どれも両班(ヤンバン)の派閥抗争を軸に、策謀、裏切りの連続で話しを引っ張っていく展開が多いのですが、この『ホジュン』は初期の作品だったせいか、その部分のウエイトは少なく、むしろ個人的な嫉妬心や、親子の愛情、男女間の愛情をめぐる葛藤を主軸にしている点が特徴です。
視聴率稼ぎのためには仕方がないのでしょうが、私個人としては、策謀や裏切りはもう結構という感じで、そこが少ない『ホジュン』が、イ・ビョンフン監督の作品の中では最も好きです。
このドラマで凄いのは、主人公ホ・ジュンの圧倒的な献身です。最初のうちは名声や安易な道を選ぼうとしたこともあったのですが、生涯の師となるユ・ウィテの叱責を受けてからは大反省し、宮廷に上がっても「心医」の道を貫こうとするのです。その気高さに惹かれて、多くの友が彼の周りに集まり、ついに最高権力にまで上り詰めます。
しかしホ・ジュンは、そこに安住することなく、民衆のもとに積極的に出て疫病の治療に当たり、最後は自身も感染して死んでしまうのです。生涯を献身に捧げ尽くした一人の医官。後には、そういう人物がいたという思い出しか残らないのです。
このドラマでもう一つ凄いのは、医官が持つ具体的な診断技術です。今では東洋医学はすっかり駆逐されてしまいましたが、患者に触診もしないし目も合わせないで、コンピュータ上のデータをもとに診断をしている現代の医者と、どっちがよい医者なのだろうかと思うのです。
ホ・ジュンを演じたチョン・グァンリョル氏は地味な役者ですが、とても上手く、この役を好演しています。

生命とは何か。 その意味を圧倒的な映像によって表現した壮大な叙事詩

ボヤージュ・オブ・タイム

監督:テレンス・マリック

この映画は、観る人を確実に選ぶことでしょう。ストーリーも無く、登場人物がいるわけでもない、映像による壮大な叙事詩と思ってもらえればよいと思います。
テーマにしているのは「生命」。それが、現在のクリアな映像技術を使って、これ以上ないという多種多様なイマジネーションの連続によって表現されています。
監督は、『天国の日々』『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ライン』などの作品で名高いテレンス・マリック。ブラッド・ピットとショーン・ペンが出演した『ツリー・オブ・ライフ』にも、一部、同じような神秘的な映像が使用されていましたが、この『ボヤージュ・オブ・タイム』は、その部分を全編に拡大したといった感じです。
この作品の何が凄いかと言えば、アセンションに近づいた人には、身の回りの自然や宇宙が、実際にこのように見えるということです。空や、森や、草花や、虫たちの営みの奥にある「生命」の輝きが見えるのです。
その意味で、それが解る人にとっては、この映画は、懐かしさや安らぎや感動をもたらすでしょうが、解らない人にとっては、退屈極まりないものとして映るでしょう。
ナレーションをケイト・ブランシェットが務めています。

 10の冪乗で宇宙を捉えるという発想は「霊性密度」の構造を正しく映す

EAMES FILMS

制作・監督:チャールズ・イームズ/レイ・イームズ

このDVDはイームズ夫妻の映像作品を集めたものです。インテリアにお詳しい方なら、イームズの名を聞いてピンときた方もおられるでしょう。そう、あの有名なイームズ・チェアの作者と同一人物です。イームズ夫妻は非常に才能豊かな人たちで、家具だけではなく、建築やこうした映像作品も多数残しています。
さてこの作品集で注目したいのは『POWERS OF TEN』という作品です。タイトルにあるPOWERSは「力」の意味ではなく「冪乗」という意味です。したがってこれは「10の冪乗」というタイトル名の作品です。
そのタイトル通り、芝生に寝転んでいる人物の姿から、10倍ずつ遠ざかっていったときに世界はどう見えるのか、逆に10倍ずつ近づいていった時にどう見えるのか、それをCGがなかった時代に脅威の映像技術で創り出しています。
イームズ夫妻はこの作品に並々ならぬ意欲を見せ、白黒パイロット版、白黒版、カラー版と、何度も再映像化に取り組んでいます。
10の冪乗で宇宙を捉えるという発想は、大橋正雄氏も取り組んだものであり、その直感は「霊性密度」の構造を正しく表しているという点で特筆に値します。
この作品は、下記Youtubeでもご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=wQ41ijWJCjc

オードリー演じる尼僧を通して描く、強い意志を持つ女性の自立と旅立ち

尼僧物語

監督:フレッド・ジンネマン 主演:オードリー・ヘップバーン

この映画のテーマをひとことで言えば、「芯のある女性の自立と旅立ち」と言えるでしょうか。
タイトルだけを見ますと、オードリー演じるシスターの信仰生活を描いた物語のように感じるでしょうがさにあらず。むしろ信仰の否定を描いていると言っていいと思います。
医師の家庭に生まれたガブリエル(オードリー)は、父の仕事を手伝いながら着々と医療技術を習得し、ついにはアフリカのコンゴへ行って医療活動をしたいという夢を抱きます。
これには、人々の役に立ちたいという強い意志があってのことなのですが、そうして選んだ道がカトリックの修道院に入ることだったのです。つまり最初の時点では、ガブリエルが想い描く理想と、尼僧生活は完全に一致していたのです。
そのようなわけで、厳格な修道院の掟にも堪え、持ち前の優秀さを示すのですが、コンゴへ行きたいという彼女の希望はなかなか適えられず、やっと行けたと思ったら、今度は自身が感染症で倒れてしまうのです。
結局、ガブリエルは道半ばで本拠地のベルギーに舞い戻って来るのですが、しだいに修道院での信仰生活に疑問を持つようになるのです。彼女の奥底に芽生えたものは、自分の自由意志を制限する「信仰」という名の権威に対する疑問だったのではないでしょうか。
修道院にいて、尼僧として働いている限りは、彼女はつねにこの権威の評価を受けることになります。けれども、この構造自体がバカバカしいと気づいたとたん、彼女は当初の意志をあっさり捨てるのです。これには大変な勇気が必要だと思いますが、持ち前の気丈さで、ガブリエルはそこをジャンプするのです。
ラストショットは、修道院の裏口の開け放れたドアから、スーツケース一つ下げて去ってゆくガブリエルを長回しで映しているのですが、それまでのセット撮影から、ドンデン返しで一気に現実の雑踏に出て行く姿をワンショットで見せ、彼女の自立と旅立ちを極めて象徴的に描いています。
ここで学びとしたいのは、この映画は確かに修道院生活を描いてはいるのですが、彼女が飛躍する瞬間に、それまでの洗脳が解けたということ。これは一般社会のあらゆるシーンでも言えることです。
また、世俗というものは確かに汚いものですが、そこから隔絶した場所にいて、自分を高みに置いてはならないということです。世俗の中にいて、なおかつ飛躍した生き方をするのでなければ錯覚に陥ってしまうということも、この映画は教えてくれています。
前半の修道院生活での決まりごとの描写も興味深く(宝塚音楽学校のように、廊下の端を歩くなどがある)、オードリーの尼僧スタイルも清楚で、演技にも見応えがあります。