セミナー / プロジェクト等

意識を一つに繋いで、平和な世界を実現しよう

PEACE DOME

photo-1444703686981-a3abbc4d4fe3.jpg photo-1571510811967-ad6b78c86ffe.jpg peacedome3.jpg
 

「PEACE DOME」は、意識だけで集まるイベントです。同日同時刻に、参加者がご自宅で瞑想を開始し、高次元に意識を上昇させたうえで、共に平和への祈りを捧げます。
そんなことに、どんな意味があるのかと思われるかも知れません。これについては、このイベントの発案に至った敬意をご説明したほうがいいでしょう。

 

「PEACE DOME」発案に至る経緯

2014年、「高い波動を維持して、周囲に固定せよ」と初めて告げられた時、当時の私には、それがどういう意味なのか、さっぱり解りませんでした。「波動」が何かも解りませんし、「高い」が何を意味するのかも解りません。「固定する」という意味も解りませんでした。それどころか、「波動? またかよ、けっ!」という意識すら持っていたのです。その私が、まさか、自分で「波動」を言い出すとは‥‥。
 
今では、「波動」をハッキリと知覚できますし、「高い」とはどういう状態を意味するのかも解ります。しかし、「固定する」ということに関しては、それが社会的に見てどんな実効力があるのかと、いぶかる気持ちが、その後もしばらくは続きました。でも、社会に顕現していることのすべての元を辿れば、それは人々の「意識」がそうさせているのだということに気がつきます。意識が行動をうながし、人々の行動が社会を形成するのです。
 
ということは、人々の意識が変われば、社会も変わるということです。もっと言うと、究極的にはそれしかないということです。形の上で、力づくで、社会を変えようとどんなに頑張ったところで、人々の「意識」が変わらなければ、本当の理想社会は実現されないのです。そのためには、今の地球の、低い波動の意識状態から、高い波動の意識状態へ、人々の集合意識を引っ張り上げる必要があります。
 
この時に、高い波動に固定する、ということが意味を持つのです。宇宙に在るものすべては波動であり、意識もまた波動です。そこでは、同調と共鳴という「波動の法則」が働いています。けれども、高い波動は精妙ですから、単独ではなかなか共鳴を起こすことができません。しかし、高い波動を集めてパワーを増幅すれば、人々の意識に共鳴のバイブレーションを起こすことも可能となるのです。
 
このことは、長年続けて来た瞑想の会で、参加者の意識(波動)が高いところに持ち上げられ、うまく共鳴現象を起こした際には、そこに非常に力強いエネルギーの場が形成されるということを実証的につかみました。参加者の周囲には、ドーム状にエネルギーが広がって、そこに手を押し当てると、弾力で跳ね返されるほどのパワーを持っているのです。
 
「波動」に敏感な人は、それをハッキリと知覚できると思いますし、そうでない人であっても、パワーの影響を受けて何らかの心理的変化を経験すると思います。このエネルギーの場は、アストラル界からカラーナ界にかけて形成されるもので、その意味では地上的な制約を受けません。そこで、このドームのネットワークを広げて、「PEACE」のエネルギーで世界を覆えないかと思いついたのです。
 
実はこの種の取り組みは、世界中の多くのグループがすでに行っています。「虹の学校」も、遅まきながらその一翼を担おうというわけです。ということで、この趣旨にご賛同くださる方がいらっしゃれば、同じ日の同時刻、あなたが今いらっしゃる場で、共にこの「瞑想会」に参加していただければ嬉しく思います。
 
この、意識だけで集まるイベントを「PEACE DOME」と名づけることにいたしました。以下にそのご案内をしますので、お時間の許す限り、ご参加いただければ幸いです。
 

開催日時

日;毎月、1日、11日、21日の3回
時間:8:30 ~ 8:45
*忘れないように、カレンダーに記載しておいてください。
*参加は、ご都合のつく日だけで結構です。

参加の仕方

次を参考になさってください。
時間が来たら、ソファなどで出来るだけ身体をリラックスさせます。次に片鼻式交互呼吸ができる方は、それを数回行ってください。そのやり方が分からない人は、ゆっくり4つ数えて鼻から息を吸い、8つ数えて鼻から吐く深呼吸をしばらく行ってください。わずか3回ほどするだけで、心がスーッと落ち着いて来ます。
 
心が落ち着いたら、次に身体から意識を浮かせて、天に上昇する様子をイメージします。そうして、頭の中で、ゆっくり1から10までをカウントします。1、2、3、4・・・と、数を増やすに連れて、意識がしだいに上昇するようにイメージします。
 
そして、10に達したら、この意識状態をキープしたまま、そこであなたが考える理想社会を思い描いてください。例えば、豊かな自然や、子どもたちの笑い声や、人々が楽しそうに働く姿などです。一般論は気にしないで結構です。あくまで、あなたが想う理想社会で結構です。
 
そして、イメージが出来たら、その意識の中で、次のように唱えてください。
この理想が、宇宙の理法に適うのなら、それは成された。
お願いするのではなく、すでに実現された、と思ってください。
 
そして、自分も、ウキウキ、ワクワクしながら、その理想社会をたっぷりと楽しんでください。
手応えを感じたら、静かに目を開けて徐々にグラウンディングを行ってください。
以上で終了です。
 

注意点:理想社会を想い描く際には、ネガティブ+否定のロジックは使わないでください(例えば、戦争反対、貧困撲滅のような)。15分という時間はあくまで目安ですので、これにこだわる必要はありません。これより長くても短くても結構です。ご自由になさってください。


参加したいのだが、これまで瞑想の経験がなく、うまくやれるかどうか自信がないというお問い合わせをいただきました。

あまり難しく考えることはありません。とにかくリラックスして、すべてお任せする心境で身体を投げ出してください。危険はまったくありません。
意識を上昇させたら、まどろみの状態に入ってください。そのまま眠ってしまっても構いません。うまくまどろみの状態にならなかったとしても気にしないでください。調子のよい時と悪い時があります。あれこれ考えるのが一番よくないです。
グラウンディングは、体を叩いて刺激したり、手や顔を洗ったり、冷たい水を飲んだりしていただければ結構です。
 
それも難しいようでしたら、Enya さんのビデオを見て、夜空に心を馳せてください。